Other page

オールドノリタケ ドラゴンベース ニッポン

販売価格 0円(内税)

SOLD OUT
オールドノリタケ ドラゴンのベース にっぽん
龍は鱗の1枚1枚が大変繊細に素晴しい配列と厚みを持ち
ベース全体にくねらせた体が大胆に描かれて絡みつく様です。
ブルーに輝く目はガラスの様に透明感があり、ヒゲの先、尾の端まで一部の隙もなく完璧な泥漿盛り上げで描かれています。
繊細かつ迫力のあるお品です。
正面に3ミリの窯キズがございます。釉をかける以前のものです。
その他は大変に状態の良いお品です。

【バックスタンプ】M-NIPPONグリーン
1911年〜1921年頃(1911年商標登録)米国向け

【オールドノリタケについて】
現在のノリタケカンパニーの前身である「森村組」と「日本陶器」が1885年頃から第2次世界大戦の1945年頃まで海外にむけて輸出された陶磁器をオールドノリタケといいます。
明治末期より主にアメリカやイギリスに向けて輸出された陶磁器は、1893年のシカゴ万博を機に製造する陶磁器の絵柄を洋風画へ転向しました。
さらに1895年、ニューヨークに図案部を設置。そこでは日本人絵師たちが、西洋の美術様式や当時流行の色やスタイルを取り入れて意匠に反映させていました。こうしてできた図案をもとに、多くの製品が日本でつくられ輸出されたのです。
オールドノリタケに関する本は現在多数出版されております。

☆M-NIPPON印(米国登録印) 
1911年頃〜1921年頃 1911年に商標登録された。グリーン、ブルー、ピンクの3色がある。

☆オールドノリタケは日本でまだ技術が確立していなかった古い時代に作られたもので、製造時にできたと思われる、小さな色飛び、気泡、かすかな凸凹、極小の黒い点などが見られることもあります。